スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【ジャズ】政府が貴重な伝承芸術を守り育てるアメリカは素晴らしい!

アメリカ政府の外郭団体に「National Endowment for the Arts」があります。
アメリカで生まれ育ったいろいろな芸術を守り育てることと、優れた芸術家を経済的に支援することを目的とする1965年にできた法律に基づく団体で、その歴史は40年以上になるようです。

この団体が毎年、ジャズの分野で多大な貢献をしたアーティストを「ジャズ・マスターズ」として表彰していて、アメリカではジャズアーティストにとっての最高の栄誉とされています。この賞の30周年にあたる2012年1月に行われた表彰式兼コンサート「NEAジャズ・マスターズ・アウォード」が、これまでに受賞した多数のアーティストが集まって、リンカーンセンターで盛大に開催されました。

今年はジャック・デ・ジョネット、チャーリー・ヘイデンなど5人が表彰され、メインバンドとして出演するウイントン・マルサリスが率いるジャズ・アット・リンカーンセンター・オーケストラに、フィル・ウッズ、ロン・カーター、秋吉敏子、ベニー・ゴルソン、ケニー・バロンなど、ジャズの歴史を築いてきた錚々たるメンバーが共演するという素晴らしい式典とコンサートになりました。

かなり高齢になったアーティストたちが、若手のライジングスターたちと共演するビッグバンド、ジャズ・マスターズたちによるなんとも味わい深い素晴らしい演奏、そして、受賞者たちの心に響く受賞コメント。日本にも優れた伝承文化や芸術があると思うと、こんな制度が必要だと強く感じます。

この約2時間に及ぶイベントのストリーミングを、NEAのサイトで見ることができます。どれも素晴らしいのですが、フランク・ウェスとベニー・ゴルソンによる、カウントベーシー楽団のためににウェスが書いた曲「Magic」と、ジャック・デ・ジョネット、ロン・カーター、シーラ・ジョーンズ、ジミー・オウンズによるオーネット・コールマンの「When will the Blues Leave」は特に素晴らしい演奏です!
ちょっと長いので、時間があるときに是非コンサートを堪能してください。

●ライブのストリーミングはこちら "2012 NEA Jazz Masters Award Ceremony"

これは、この式典のために製作されたジャック・デ・ジョネットのトリビュートビデオ。

【英語】★★★★☆

彼の功績を共演者たちが紹介するコメントと本人のメッセージです。聞き取りが難しいところもありますが、このビデオにはトランスクリプトが付けられています。ジャズミュージシャンの語りをスクリプト付きで見れる貴重映像です。他の受賞アーティストのものも有りますよ!

3:21
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【英語ビデオサイト探検講座】

アメリカ政府の外郭団体に「National Endowment for the Arts」があります。アメリカで生まれ育ったいろいろな芸術を守り育てることと、優れた芸術家を経済的に支援することを目的とする1965年

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事の配信はこちら!
by 不動産 ブログパーツ
[PR]不動産 リスティング Add to Google My Yahoo!に追加
人気記事ランキング
プロフィール

こでんまる

Author:こでんまる
ビデオ・キュレーター
モットー:楽しくなければ英語じゃない!
毎日世界で発信されるビデオのなかから「使える」「面白い」「おいしい」ビデオやビデオサイトをどんどんご紹介。
無料で毎日使える英語学習のネタ帳です。
ビジネス、エンタメ、面白ネタ、サイエンスなど楽しみながら英語を覚えるお得な情報が満載です!

英語ビデオサイト探検講座
ブログランキングに参加中。 応援のクリックをお願いしますm(._.)m

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
758位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
158位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。