スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【ショート・フィルム】ボスニア出身の映画監督の作品「セカンド(秒)」が静かな感動を呼び続けている!

ボスニア生まれで1991年に8歳でアメリカに移住したマーコ・スラブニック(Marko Slavnic)さんが、大学卒業後に制作したショート・フィルムがじわっと人気になっています。

まだ本格的映画の経験はなく、コマーシャルなどを中心に活動しながらドキュメンタリーやショートフィルムを制作中のようですが、人と人との心の絆を描く心温まる作風は派手さはないものの、じわっと感動する秀作ぞろい。

彼は1991年に勃発した悲惨なボスニア内戦によって家族でアメリカに移住して大人になったという体験の持ち主。
大人になって生まれ故郷を訪ねたら、実家は廃墟となり、親戚や知り合いの多くが戦争で命を落としていたのだそうです。そんな彼の実体験が、人の絆を常に主題に選ぶ作風につながったのだと容易に想像できます。

派手な大作好みのハリウッドでマーコさんがチャンスを掴めるかどうか分かりませんが、少なくとも僕たちにはしっかりとその優れた作品の心が伝わる、非常に優れた監督だと思います。

ご紹介するのは中でも評価の高い2作品と、ボスニア訪問のドキュメンタリー。彼の使命感と人の絆の大切さを感じます。

【英語】★★★☆☆
英語のキャプションは付いていませんが、心のつながりをテーマにしていることを知ったうえで見れば、内容は理解でします。チャレンジの気持ちで見てみてください。

◆Seconds
1日を秒数にすると86400秒。その1秒1秒が掛け替えのない大切な時間なのだというドラマ。


◆Table 7
レストランで口論をする二人。彼らの会話は官憲によって盗聴されている。そこで起こる心温まる出来事!


◆ボスニア訪問ドキュメント






スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

コメントの投稿

非公開コメント

官犬ともいう。

3作目の「ボスニア訪問」を観て気が付いた。トップの作品は監督みずから主演のショートなんですね。わたしも、あの時勇気があったらと後悔したこと多いです。
2作目の「Table 7」良くできているけど、あんな粋なことをする官犬だったら、転職しているような気がしますww実際にいないから、ドラマになるんでしょうけど。
いつも、よく面白い作品を見つけられますね。この次も、たのしみです。

Re: 官犬ともいう。

毎度お米を送っていただき感謝!
藤井社長もそんな後悔をしたことがあるなんて驚きです!
もっとイケイケかと思ってました!^^

No title

こんばんは。

「Seconds」「Table7」どちらもよかったです!
sorry の一言、言えるか言えないかで、状況が変わってきますね。
あの時、言えてよかったとよく思う今日この頃です。

Re: No title

リーさん

コメント有難うございます。
私の場合は反省することがいっぱい有ります!
後であの時にこう言っておけばよかったなんて。。。
まだまだ修行が足りないと思う今日この頃です!
最新記事の配信はこちら!
by 不動産 ブログパーツ
[PR]不動産 リスティング Add to Google My Yahoo!に追加
人気記事ランキング
プロフィール

こでんまる

Author:こでんまる
ビデオ・キュレーター
モットー:楽しくなければ英語じゃない!
毎日世界で発信されるビデオのなかから「使える」「面白い」「おいしい」ビデオやビデオサイトをどんどんご紹介。
無料で毎日使える英語学習のネタ帳です。
ビジネス、エンタメ、面白ネタ、サイエンスなど楽しみながら英語を覚えるお得な情報が満載です!

英語ビデオサイト探検講座
ブログランキングに参加中。 応援のクリックをお願いしますm(._.)m

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
758位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
158位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。