スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【ビジネス】面白いけど笑えない。他人事ではないマーケティング戦略の大失敗トップ10 in U.S.

企業では日々、売上拡大を目指して様々な販売促進キャンペーンやマーケティング戦略が計画され、実行されています。

企画担当者が練りに練って十分な市場調査も行ったうえで実行に移すわけですが、そんな絶対の自信を持って実施したマーケティング策が、社会情勢や環境、顧客である消費者の本音などに対する理解不足などを原因として、一夜にして大失敗になってしまうことがあるんです。怖いですね~。

このビデオは、アメリカ国内で起こったマーケティング戦略の大失敗事例トップ10をまとめて見せてくれます。理由は様々。これを見て僕たちの仕事のあり方も見直しておいたほうが良さそうです。

◆大失敗トップ10

1位: コカコーラが1985年に発売した「New Coke」
業界トップであったコカコーラ社は、ペプシの追撃を完全に駆逐するため従来のコーラよりも美味しいコーラを開発し(入念に消費者のブラインド味覚テストが行われた)従来のコーラに代わる商品として発売した結果、消費者から総スカンを食らう大失敗となり、あわててクラシックという名前で元の味に戻した。
    教訓:"If it ain't broke, don't fix it" 壊れていないものを直すな。

2位:  フォードが1957年に発売したセダン エドセル
名前もデザインもかっこ悪く(butt-ugly)、さらに悪いことに、別部門が発売したマーキュリーと競合、品質面でも見劣りしたことから全く売れず、結局4億ドルの損失を出す大失敗となった。

3位: ネットフリックス社が実施した2011年のリブランディング
ビデオレンタル大手のネットフリックス社はDVDのデリバリーレンタルとネットストリーミングの両方のサービスを提供して収益も良く、当時の時価総額は16億ドルを超えていたが、将来の収益構造強化の観点から、DVDレンタル事業を新たな別部門クイックスターに分離し、実質的に値上げした。利用者はこれに猛反対し会員が大量に脱退する事態となり、時価総額(market cap)は4億ドル弱まで激減。ヘイスティングスCEOがお客様向けに「私はへまをしました。」と前代未聞の謝罪メッセージを出す結果となった。

4位: ホンダ アシモ
サイエンス・フィクションのような人の手助けをしてくれるロボット「アシモ」は素晴らしいアイデアだったが、肝心なデモンストレーションで階段を上るのに失敗してしまった。残念!でも、この失敗に対して、ホンダを非難する人はいません。

5位: エイズ・ダイエット・キャンディ
1970年代に販売されていた食欲抑制効果のあるキャンディ。その後エイズが流行するに至り、市場から消えることになった。これはアンラッキーとしか言いようがないが、特にこのキャンディが痩せる効果があった点が病気と類似していたことが不幸であった。

6位: スキットルズ タッチ・ザ・レインボー キャンペーン
スキットルズはM&Mにそっくりのキャンディー。とある男性が触ると、すべてスキットルズになってしまうというちょっと可愛い内容のCMだったが、よく考えてみると、この男性が触ると人も動物も死んでしまうということ。後に、インターアクティブ・ビデオでこれを再現するCMを打ってしのいだ。

7位: スニッカーズ Mr.Tのコマーシャル
ちょっと女性っぽい男性が競歩の早歩きをしてる。特攻野郎Aチームで有名な筋肉系俳優のMr.Tがマシンガンを積んだ車でこれを追いかけ、「もっと男らしく走れ!こら!」みたいなことを言いながらガンからスニッカーズを発射する。このCMに「ゲイに対する差別だ」との批判が相次ぎ、放送中止に追い込まれた。制作側にそんな意図はなかったと思われます。残念!

8位: バーガーキングのきもい王様
"Wake up with the King"というキャンペーンで目が覚めたらそばに王様がいてハンバーガーを出してくれるというCMを流したが、いかんせん、王様があまりにも気持ち悪すぎ!制作者は「きもかわ」を狙ったと思われるが受け入れられず、販促効果がないまま2011年にこの王様キャラは終了となった。残念!

9位: フェイスブックのビーコン(BEACON)
2007年にフェイスブックが開発して投入したビーコンは、タイアップ企業で購入した履歴を自動的に共有してしまう仕組みだったため、プライバシーの侵害として大問題になった。修正を加えたもののうまくいかず、結局お蔵入りとなった。これをきっかけに同社のプライバシーの取り扱いは要注意として注目されるようになった。

10位:マクドナルドの1984年オリンピック・キャンペーン
アメリカがメダルを取った数に応じて、ビッグマックやポテトを無料にするキャンペーンを張ったが、計算外だったのは、その年のオリンピックにソビエトが参加しなかったこと。このため、アメリカが獲得したメダルは174個と激増。マクドナルドは膨大な支出を強いられる結果となった。支出をコントロールできないキャンペーンはやっちゃいけないという教訓です!

このビデオ、はっきり言って他人の失敗は蜜の味的面白さがあります。最後のコカコーラのCM、泣けてきますよ!


【英語】★★★★★
Watchmojoからのビデオクリップ。このナレーションは最高難度のリスニング素材です。使われる単語、イディオム、言い回しのすべてが僕たちには難しい。でも説明を読んでから見ればだいたい分かりますよ。テキストを添付しましたので、読んでみてください。


Top 10 Marketing Failures: Coke, Ford, NetflixThey seemed like good ideas at the time… Welcome to WatchMojo.com, and today we’ll be counting down the top 10 marketing mishaps in history.


#10 – McDonald’s and the 1984 Olympics
McDonald’s “When the U.S. Wins, You Win” contest meant free food based on the United States’ medal count at the ’84 Olympics. Gold got you a Big Mac, silver meant fries and bronze won you a Coke. The problem? The Soviets boycotted that year, and the U.S. took home 174 medals, including 83 golds. Bottom line: don’t run a campaign where you can’t control how much free stuff you’re giving away.


#9 – Facebook Beacon
In 2007, Mark Zuckerberg and Facebook launched Beacon, which allowed users’ activity around the web to be shared with advertisers. Controversy erupted immediately, and the initiative was eventually shelved – but not before Facebook’s reputation with privacy watchdogs was significantly damaged.


#8 – Burger King: Creepy Monarch
Someone will need to explain how waking up next to this guy could ever be a good thing. BK tried to resurrect this mascot with the “Wake up with the King” campaign. The character was so creepy, it crossed over into funny – I guess – and went viral. However, the campaign did not perk up sluggish sales, so the King’s reign ended in 2011.


#7 – Snickers: Mr. T ad
I pity the fool that came up with this commercial. Watch Mr. T as he hunts down his prey: a slightly effeminate speed walker. Mr. T evidently does not think men should speed walk, so he shoots Snickers at him until he runs. Gay rights groups did not see the ad’s humor, and accused the company of approving of discrimination. It was quickly pulled.


#6 – Skittles: “Touch the Rainbow” Campaign
This Skittles campaign starred a man who could turn anything into Skittles by touching it. Sounds cute, right? Until you realized the guy actually killed every person he ever came into contact with. Don’t worry: these marketers redeemed themselves by using the same “Touch the Rainbow” theme in a series of interactive online videos. You really can’t lose with cats on the internet.


#5 – Ayds Diet Candy
Well, this one’s obvious. Ayds diet candy was a popular appetite suppressant in the 1970s. That quickly dropped off once the AIDS virus started to spread. It really could not have been more unfortunate that a candy that was supposed to help people lose weight had a name similar to a disease that – among other things – caused intense weight loss.


#4 – Honda ASIMO
Who doesn’t want a robot? Honda tried to appeal to the sci-fi lover in us all with ASIMO, which was designed to help people with low-mobility. It was actually a great idea; if only they could execute. Here’s a tip, Honda: you should probably make sure your machine can walk up stairs before demoing it for the world. FAIL.


#3 – Netflix’s Qwiskter Rebranding
In 2011, Netflix was the go-to service for video rental, and was riding high at a market value of $16 billion. Cue the dumb decision: the company decided to embrace digital downloads, which meant shunning their core, DVD-by-mail business and splintering it off into “Qwikster.” Customers dropped the service in droves, and by year’s end Netflix boasted a market cap of less than $4 billion.


#2 – Ford Edsel
Ford built so much hype leading to their 1957 release of the Edsel, it worked against them: they could not deliver the goods. Actually, tons of things made the Edsel an unmitigated failure: The name sucked, the car was butt-ugly, and Edsel was competing with another division of Ford, Mercury. Quality issues were the final nail in the coffin, and Ford was out $400 million by the end.


#1 – New Coke
Taking the top spot on our list is a case of “if it ain’t broke, don’t fix it.” It was 1985: Coca-Cola was winning the cola wars, but for whatever reason, they decided to pour time and money into developing a better tasting beverage. New Coke won blind taste tests against Pepsi and even Classic Coke, but when it was launched on April 23rd, the public responded with a resounding “no.” It was yanked from stores by July. While most considered New Coke a huge disaster, it did manage to get people caring about Coca-Cola Classic again, so that’s something.

There have been lots more marketing disasters. Which were the ones that made you scratch your head and wonder: what were they thinking?


    

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事の配信はこちら!
by 不動産 ブログパーツ
[PR]不動産 リスティング Add to Google My Yahoo!に追加
人気記事ランキング
プロフィール

こでんまる

Author:こでんまる
ビデオ・キュレーター
モットー:楽しくなければ英語じゃない!
毎日世界で発信されるビデオのなかから「使える」「面白い」「おいしい」ビデオやビデオサイトをどんどんご紹介。
無料で毎日使える英語学習のネタ帳です。
ビジネス、エンタメ、面白ネタ、サイエンスなど楽しみながら英語を覚えるお得な情報が満載です!

英語ビデオサイト探検講座
ブログランキングに参加中。 応援のクリックをお願いしますm(._.)m

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
139位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。