スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【お勧め英語学習】面白すぎてハマること請け合い!インドの英語学校が制作しているレッスンビデオがリアルすぎ!

インドの方とお付き合いがなくどんな国民性なのか全然知らないのですが、英語学習のサイトを見ていてみょ~に例文がリアルで面白く見ていたら、なんとインドの英語学校が制作している英語学習サイトでした!

「Let's Talk Institute」というインド最大の都市ムンバイにある英語教育とビジネストレーニング、人材開発などを行っている会社がYOUTUBEに大量に英語学習ビデオをアップして公開しているんです。

何がみょ~にリアルかというと、一般的なビジネスや普段の会話ではありますが、「敢えてそういう例文にしちゃう!?」という例文、例えば、
「社員が風邪をひいたので今日は休みますという電話をする。」なんですがどうもこれがずる休みらしいシーンとか、「上司から期日指定で受けた仕事が遅れているので期日を延期してもらう。」けど、上司から「十分な時間があったのにどういうことだ!すぐに完了するように!」なんていわれてしまうシーンとか。

やっぱりインドのエネルギーはすごい。
はっきりいって面白すぎます!

しかもレッスンビデオとしての出来栄えは素晴らしく、このシリーズを見ているとどんどんリアルな表現を覚えることができそう。

大量にアップされていますが、中でもお勧めはデイリー・ビデオ・ボキャブラリーというシリーズ。
明快な説明と面白い例文ナレーションが10個もついているので、単語が忘れられなくなりそう!^^

毎日の通勤に見れば楽しく英語学習できますよ!

【英語】★★★☆☆
インド制作ということで、ちょっと訛りがある感じ。文法はインドの方がレッスンしていて、インド訛りバッチリですが、ビジネスでは当たり前のことなのでこういう発音に慣れる意味でも貴重な学習サイトです。



スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【日本人必見のドキュメント映画!】日本在住の外国人19人が見た日本の実像「A Life in Japan」(サブタイトル付き)

日本に興味がある外国人は「日本に住むってどういう感じなんだろう?」って思っています。
エキゾチックな国、テクノロジーの国、歴史のある国、東洋思想の国。。。。

そこで日本に在住経験もあるフィンランド生まれのフィルム製作者ペトリ・ストロペア(Petri Stropare)さんが日本に在住している19人の外国人に住んでみて分かったことや感じたことをインタビューし、日本の大都市や地方都市の様々な風景とともに編集した「A Life in Japan」を昨年発表しましたが、これに英語と日本語のサブタイトルを付けたバージョンをこの1月にYOUTUBEにアップしてくださいました。

在住数か月の人から数十年の人まで様々な人に感じていることをインタビューしていますが、かしこまった撮影にせず、19人のそれぞれの思いを自然に引き出していて非常に優れたドキュメント作品になっています。

日本に来た時の印象や住んでみて嫌いに思っていること、好きに感じていること、日本人ってこういう人たち、、、などなど、日本の制作会社の企画ではない、「外国人による外国人のための日本の実情紹介ドキュメント」となっていて、普段外国人が遠慮していってくれないことも自然に語られていて、僕たち日本人にとっても非常に貴重な批評ドキュメントとなっています。

「国民の”民”という字は象形文字で、瞳を槍で突いた姿から来ており、元来奴隷を表す文字だった。」というのは初めて知りました。つまり国に武力で抑えつけられた人々のことを国民といったのだそうです!

その他、
・自分たちの国では社会に居場所を作るために自分と闘い、他人と闘うのが当たり前だけど、日本人はなにもしなくてもそこに居場所がある。
・日本人の思想は身を任せることだ。
・世界の情勢をあまり知らされていない。

などなど、僕たち自身が考えてみるべき貴重な意見が多数収録されています。
あと、「英語が話せる日本人の男性は変な人が多い。」なんていうコメントもありますよ!

とにかく貴重なインタビュービデオで、普段使いの英語の宝庫にもなっています。
1時間19分とかなり長いビデオなので、休みの日にでもゆっくりとご覧ください!

【英語】★★★★☆
19人がそれぞれの母国訛りの英語で普通に話していますので、聞き取りが難しい発音や単語も多数でてきます。しかし、英語サブタイトル版と日本語サブタイトル版がありますので、まず、英語サブタイトル版を聞いてどの程度理解できるかトライした後で日本語サブタイトル版で聞き取りレベルのチェックをしましょう。特に、意味を勘違いして聞いていた部分を確認するのが大切ですね。
シャドウイング素材としても非常に有効です。

英語サブタイトル版


日本語サブタイトル版

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【英語学習】「ウォータークーラー・カンバセーション」ってなに!?

日本では「井戸端会議」というおしゃべりの場がありますが、なんと英語ではこれを「Watercooler Conversation」って言うんです。
海外では事務所に必ずウォータークラーが置いてあります。仕事の合間に水やコーヒーを飲みに来る人たちがすれ違い、ちょっとした世間話をするという訳です。文化は違ってもおしゃべりする場所は同じなんですね!

ということで、ウォータークラー・カンバセーションではちょっとした挨拶や世間話をするのですが、それを教えてくれる英語学習ビデオを「Englishpod101.com」という英語教育サイトが公開しています。このサイトは有料なので、ほんの一部だけということですが、これから海外で仕事とか赴任という方には役に立ちそうです。この関係のビデオを纏めましたので是非参考にしてください。

【Watercooler Conversation】
1.英語で自己紹介
2."How's it going?"調子はどう?
3.Twitterって英語の訳に立つってホント?
4."How's it going?"【応用編】
5.あれってどういう意味?【Awww】
6.あれってどういう意味?【Gross!】
7.あれってどういう意味?【Wow, that's great!】
8.あれってどういう意味?【That's It!】
【英語】★★★☆☆
ヒロコさんが実際のトークで分かり易く教えてくれます。こういうちょっとした表現は意外に「勘違いの落とし穴」になるところ。しっかり確認しておきましょう!

これは4."How's it going?"【応用編】







ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【スクリプト付き英語ニュース】レッドオービットはちょっとオタクな科学・テクノロジーニュースが面白い!

英語学習のために英語のニュースビデオを見ている人は多いのですが、キャプションやスクリプト付きのビデオが少ないのが難点です。

聞くだけだと、聞き取れなかったところが何度聞いても分からない。
従ってリスニング力の向上には今一つなんですよね。

当ブログではこれまでにロイター、CNNステューデント・ニュース、NEWSYやNPRをスクリプト付きのビデオ(オーディオ)としてご紹介してきましたが、今回は楽しく見る科学系ニュース番組のご紹介です。

2003年から配信を始めた「RedOrbit.com」は宇宙、科学、健康、テクノロジー分野でかなりニッチな最新情報をテキストとビデオで分かり易く紹介する報道チャンネル。このサイトで一番人気の4分ほどの最新ニュース番組「デイリー・オービット」がトランスクリプトを表示しているんです。

この番組はホストのエメラルド・ロビンソンさん(Emerald Robinson)がとてもチャーミングな解説をしてくれるのが人気の秘密。元々女優さんなんですがバージニア大学でジャーナリズムを専攻したという才媛なんです。

科学系の報道なので知らない言葉が多く、語彙の強化にも有効でしょう。

【英語】★★★★★
アメリカの報道なのでトークスピードはかなり早めのリアルアメリカン。知らない語彙も出て難解なところもありますが、とてもフレンドリーな話し方が和みます。毎日最新ニュースがアップされますので聞き飽きることもありません。このスピードでシャドウイングできたらかなりのレベルアップが期待できるでしょう。

2月4日のニュースは、3Dプリンタで月の家を作る、クジラの嘔吐物で大儲け、広告看板と肥満の関係、などなどの最新面白レポートです。
◆テキスト付きのオリジナルサイトはこちら◆
dailyorbit0204


ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【英語の発音】「ブックボックス」のサブタイトル付ストーリービデオでリスニングと発音を練習する!

「ブックボックス」"BookBox"とは、インドで2004年に創業した子供の識字率向上を目的としたプログラムを開発提供する会社で、カラオケ方式の完全にナレーションと表示サブタイトル(キャプション)がシンクロしたストーリービデオをDVDやiTunesなどのメディアで販売しています。

インドの人口は約10億人ですが、調査によれば20言語以上の言葉を使う貧困な地方都市が存在し、全体の識字率は65%、ただし、ほとんど読めない人も含めれば何と約7億人が文章を読めないのだそうです。

創業者のブリジ・カサリ(Brij Kathari)さんはアメリカのコーネル大学で博士号取得後1996年に帰国し、貧困の連鎖を断ち切るためにまず子供たちの識字率を上げたいとの思いからSLS(Same Language Subtitling)の実証研究をおこない、高い成果があったことからこの事業化をおこなったのだそうで、この技術は世界銀行のグローバル・イノベーション・アウォードを受賞し、今ではグーグル社の支援を得るに至っています。

現在では単にインド国内に限らず24の言語でビデオを制作していて、子供向けの識字向上教育や英語を学ぶESL教材としても世界中で活用され始めています。

ゆったりとしたナレーションとアニメーション、これにピッタリとシンクロして表示されるキャプションはアニメのカラオケそのもので非常に優れています。

日本で子供の英語教材としても打ってつけであるほか、大人の英語発音訓練にも非常に優れた効果が期待できそう。

このビデオを僕たちはなんと無料で見ることができますので、英語の基礎を学習中のかたはこれを活用すれば、リーディングスキルも含めて成果があがること間違いなしです!

◆ブックボックスのメインサイトはこちら
【英語】★★★☆☆
子供向けといっても幼児向けではないので、ストーリーはしっかりとした文章で作られています。ゆっくりと、しかし英語のリズムを失っていませんので、シャドーイングの基礎教材として有益です。なんとUK英語版とUS英語版まで揃ってますよ!

Little Pianist

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!
最新記事の配信はこちら!
by 不動産 ブログパーツ
[PR]不動産 リスティング Add to Google My Yahoo!に追加
人気記事ランキング
プロフィール

こでんまる

Author:こでんまる
ビデオ・キュレーター
モットー:楽しくなければ英語じゃない!
毎日世界で発信されるビデオのなかから「使える」「面白い」「おいしい」ビデオやビデオサイトをどんどんご紹介。
無料で毎日使える英語学習のネタ帳です。
ビジネス、エンタメ、面白ネタ、サイエンスなど楽しみながら英語を覚えるお得な情報が満載です!

英語ビデオサイト探検講座
ブログランキングに参加中。 応援のクリックをお願いしますm(._.)m

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
132位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。