スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【注目テクノロジー】トヨタが発表した三輪電気自動車がカッコ良くてすごい!

現在ジュネーブで開催中のモーターショーでトヨタが発表した未来型の電気三輪自動車が、あまりにカッコよくて実用的だと世界中で大評判になっています。



オートバイのように回転するときは自動的に傾く機能(アクティブ・リーン・テクノロジー)を装備し自動車のようなシートに座りハンドルで運転する。
全長2350全幅1445mmと、全長で軽自動車の31%、全幅で42%小さくてしかも2人乗り。

この手の未来型コンセプトモデルは得てしてカッコいいだけ、または性能は良くてもダサいということが多いのですが、この車の走行ビデオを見ればすぐに買いたくなるほどの実用性をすでに確保しているよう。

まだ生産計画は未定だそうですが、市場に出れば間違いなく大ヒットするのではないでしょうか!
トヨタさん日本のテクノロジーで世界制覇をお願いします!!!

ロイターニュース

◆トランスクリプト付きロイターニュースサイトはこちら

トヨタ


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【世界で一番素敵なレストラン】ニューメキシコ州にある大人気レストラン、ティムズ・プレイスの秘密!

2010年にニューメキシコ州アルバカーキに開店したレストラン「Tim's Place」が今米国中で大評判になっています。

看板の売り文句は「Breakfast, Lunch, and Hugs!」
えっ。。。。ハグってどんな食べ物???

いえいえ、ハグはそのまま抱きしめるハグのことです。

このお店のオーナー、ティム・ハリス(Tim Harris)さんは若干26歳ですが、なんとアメリカで唯一のダウン症の先天性疾患を持つ事業家なんです。彼の持ち前の明るくて何事にも前向きな性格とすごいエネルギーが常識では考えられないことを次々に成し遂げ、遂に自分の子供のころからの夢だったレストランの開業を実現したのだそう。

高校生このころは親しみやすい人柄の人気者で学園祭のヒーロー(ホームカミング・キング)に選出されたり、大学ではフードサービスを学んだり、社会人になってからはスペシャル・オリンピックに出場して金メダルを獲得したり、僕たちが知っているハンディキャッパーの姿とは無縁の素晴らしい実績を残しています。

彼の生き方のモットーになったのが、ウォルト・ディズニーの名言「夢を描ければ、それを叶えることができる。」"If you can dream it, you can do it."

子供のころからの夢にぶれずに努力したことの成果なのでしょう。「夢」と言うよりも、「志」と言ったほうがしっくりきます。

その彼がレストランで提供したいものが、「居心地が良くて人の繋がりを感じられる場所」なのだそうです。
そこで、メニューに「カロリーフリー、無料!ティムズ・ハグ」を記載したのだとか。
"The hugs are far more important than the food."
"The food is food so."

ダウン症やハンディキャップに苦しむ人々も健常者の僕たちも、ティムのどこまでも明るくて前向きな生き方を見れば自然に祝福したくなるし、自分の生き方もポジティブになること請け合いです。

ティムズ・プレイスがこれからも益々人気店として大成功することを期待せずにいられません。

【英語】★★★★☆
ティムの滑舌は病気のせいであまり良くないので聞き取りずらいです。キャプションも付いていないのですが、何回か聞き込めばかなり聞き取りできます。滑舌が悪い部分の聞き取りができなくても全然気にする必要はありません!




ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【おとなの英語】グラミー賞の出演者ドレスコードが「ジョークのように細かくて面白すぎる!」と評判で視聴率が大幅アップしたらしい!

昨日盛大に開催されたグラミー賞、今年は日本で有名なアーティストも少なくて盛り上がりも今一つな感じでしたが、開催数日前にCBSから参加者に送られたドレスコードの詳細を示した文書が、「あまりに詳細すぎて読んでて恥ずかしくなる!」とニュースで話題になり、結果的にこれが視聴率を高めたのではないかという話。

内容は最近のグラミー賞出演者の衣装の露出度がどんどん高くなり、このまま放置すると放送事故になりかねないと恐れた制作側が事前に配布したのだそう。

従ってその内容は「臀部と女性の胸は適切に覆われるよにしてください。」
"Please be sure that buttocks and female breasts are adequately covered,"
というそれだけのことなんですが、その程度の表現では何が適切なレベルか分からないといけないと心配したCBSが、それこそ微に入り細に入りの露出度に関する説明を記載したのです。

微に入り細に入りって。。。どんなこと?????

こういうことは書けば書くほどなんだか馬鹿げてやらしいい表現になってしまうのが困りものですよね~。
"Thong type costumes are problematic. Please avoid exposing bare fleshy under curves of the buttocks and buttock crack. Bare sides or under curvature of the breasts is also problematic. Please avoid sheer see-through clothing that could possibly expose female breast nipples. Please be sure the genital region is adequately covered so that there is no visible `puffy' bare skin exposure."

これはとても恥ずかしくて日本語訳を書けません!

当ブログではアダルト系ビデオは取り上げませんが、一般的な会話でも頻繁に使用される語彙については覚えておいたほうがいいと思われる言葉もありますので、あまりにもバカバカしくて笑えるネタとして「おとなの英語」ということで取り上げてみました。NHKの「おとなの基礎英語」とは大違い!^^

【英語】★★★★★
TYT(The Young Turks)は、今一番人気のあるウェブ系報道番組です。政治論評が好評なのですが、女性キャスター、アンナさんの社会文化系論評番組も彼女の率直なコメントが大人気で、これはその一部。CBSが発表したドレスコードについてのトークです。内容は見てのお楽しみですが、「おとなの英語」の語彙をご紹介しておきます。これらの言葉はお医者さんに行ったときにも役立つ意外な重要語句です!

Thong: 日本ではTバックと言われてます。
tasty: おいしい、いけてる、カッコいい、素敵
trashy: くだらない、ダサい、いけてない、まずい
buttocks: 臀部
butt: buttocksの口語的な略称、「おしり」
crack: 亀裂、割れ目
fleshy: 肉づきのいい、ふくよかな
breast: 胸部、乳房
boob: 俗語で「おっぱい」
nipple: 乳首
genital region: 性器部分

キャスターが「ヒラリアス!」と面白がっているのは、"butt crack","'puffy' bare skin exposure","bare side or under curvature of the breast","breast nipple" などなどの普段でも使わない細かすぎてジョークのような表現の数々。アンナとセンクがサイドブーブとアンダーブーブの美に関するバカバカしい議論を展開してますが、アンナ曰くサイドブーブは綺麗に見えるそうです!^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【エンタメ・ニュース】1月21日のオバマ大統領就任式典で国歌を歌ったビヨンセに口パク疑惑!

アメリカ大統領の就任式典(Inauguration Ceremony)といえば4年に一度のビッグイベント。

1月21日の式典で国歌を歌う晴れ舞台に立ったのはあのビヨンセで、今やアメリカで最も優れた歌手の一人という実力を示しました。ビデオを見ればその歌声も張りがあって伸び伸びとしていてさすがはビヨンセという歌いっぷりなんですが、なんとそのビヨンセが口パク(Lip-sync)だったのではないか!という疑惑が報道され、昨日からアメリカのメディアで大騒ぎになっています。

しかし真冬のさ中に音響の悪い野外で行われる式典のため、アーティストにはかなりハードな状況のようです。
なんせ式典が行われるワシントンはこの時期の平均気温5度前後なので、とにかく寒い。過去にはヨーヨーマが寒すぎるので演奏してるフリだけで実際には録音を流したことがあるそうです。

ということでビヨンセは実際に口パクだったというのが真実のようですが、音楽隊とのリハーサルの時間も取れなかったそうなので、このような式典で寒さのために声がでないとか、モニターが聞こえないなんてことになるリスクを考えれば、最高のパフォーマンスをお見せするために敢えて口パクにするということはトッププロとして当然の選択だったと考えられます。

誰が何と言おうと口パク大いに結構!ビヨンセ最高!!!

口パクだったからといってビヨンセのパフォーマンスが素晴らしかったことに変わりありません!

◆ビヨンセの国歌 National Anthem "The Star-Spangled Banner"


◆口パク疑惑を伝えるロイターニュース(テキスト付)

As Beyonce sits in the middle of a lip-sync storm. Let's not forget she is not the first singer to have been accused of singing to a pre-recorded track. The Grammy-winning singer remained silent on Wednesday (January 23) amid reports about whether she was lip-synching or performing live when she delivered a flawless version of "The Star-Spangled Banner" to hundreds of thousands of people in Washington and millions watching on television. New York based vocal coach, Liz Caplan, who is currently coaching the casts of Tony Award winning musicals "Once" and "The Book of Mormon," said singing to a pre-recorded track is very common. SOUNDBITE Voice coach Liz Caplan saying (English): "Nearly everybody through, at least recent recording history has had to do that. Because sound in stadiums and sound at the Washington Mall is not going to be perfect. It's not a perfect world because you can't really control the sound as much as you can in a recording studio or in a theater or at somebody's gig." That long history of others well-known artist thought to enlist the aid of pre-recorded music include Madonna at her 2012 Super Bowl half-time performance last year, as did the late Whitney Houston in 1991 and Beyonce in 2004 during their respective renditions of the national anthem. Beyonce is due to take the spotlight again next month - this time during the February 3rd Super Bowl half-time show.


ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【いたずらイベント】1月13日に世界60都市で恒例の「ノーパンツ・サブウェイ・ライド」が盛大に開催された!日本はナシ!?

ニューヨークのいたずらイベント集団(prank collective)「Improv Everywhere」が2002年にニューヨークでパンツ(ズボン)を履き忘れた風体でさりげなく地下鉄にのって、周りの人がびっくりしたり笑ったりするのを楽しむというイベントをやったところこれが見た人たちがみんな笑顔で大成功。

そこでこの集団は毎年1月にフラッシュモブとしてイベントを開催していて、いつの間にか世界25カ国、60都市にこのフラッシュモブが拡散中なんです!

今年は1月13日に開催され、ニューヨークではなんと4000人が参加したそうだし、ロンドン、マドリッド、メキシコシティ、バンコックなどなどいろんな都市でもやっちゃったらしい!
誰かに「何してるの?」って聞かれたら「パンツ履くの忘れちゃった!」"Forgot my pants!"って答えるのがルールだそうです。

調べたところ東京では2010年に開催しようとしたところ、予め警察が地下鉄を警備してこのいたずらイベントの開催を阻止したそうです。「ズボンをはき忘れて外へ出たら犯罪か?」ってな議論ですが、ニューヨークやロンドンででは大丈夫ということは、日本の警察のユーモアセンスが足りないだけなのかも。

楽しいいたずらの感性でも日本は世界と少し違った価値観を持ってるようです。
日本で実際にやったらはどんな反応になるのでしょうか?
軽犯罪法違反でみんな逮捕!になるのかなぁ???


2013年1月13日のイベントの様子



2002年初めてのイベント時に居合わせた女性のインタビュー

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!
最新記事の配信はこちら!
by 不動産 ブログパーツ
[PR]不動産 リスティング Add to Google My Yahoo!に追加
人気記事ランキング
プロフィール

こでんまる

Author:こでんまる
ビデオ・キュレーター
モットー:楽しくなければ英語じゃない!
毎日世界で発信されるビデオのなかから「使える」「面白い」「おいしい」ビデオやビデオサイトをどんどんご紹介。
無料で毎日使える英語学習のネタ帳です。
ビジネス、エンタメ、面白ネタ、サイエンスなど楽しみながら英語を覚えるお得な情報が満載です!

英語ビデオサイト探検講座
ブログランキングに参加中。 応援のクリックをお願いしますm(._.)m

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
132位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。