スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【キャプション付きビデオ】数字の不思議な世界を楽しく教えてくれる「ナンバーファイル」で数学が好きになりそう!

ネットのビデオといえばお笑い系やゲーム系、ファッション系などが主流ですが、この数年は教育や知識系のビデオチャンネルが大きく視聴者数を伸ばしているのが特徴になっています。

YOUTUBEではこの傾向を見て教育系チャンネルの強化を進めていて、2011年11月からYOUTUBE自身が1億ドルの投資を行って、教育ビデオチャンネルの制作を開始しています。ビデオ公開のSNSを提供することから、いよいよコンテンツ制作に乗り出したという意味で画期的。この先どんな展開を見せるのか楽しみです。

本日紹介するチャンネル「ナンバーファイル」"Numberphile"は、その記念すべき第一弾のチャンネルです。ナンバーファイルとは「数字好き!」といった意味ですね。とにかく具体的な数字そのものに拘って数字の持つ不思議な世界をどんどん教えてくれて、どのビデオも「へ~知らなかった!不思議ぃ~~!???」と思うこと請け合いの面白さなんです。

なんというか、数字がすごく身近に感じるようになる楽しさなので、この不思議さに興味を持って数学そのものを好きになる人も多いのではないかと思いますよ!

紹介するビデオは「6174」。
「6174」という数字にどんな不思議が隠されているのか?是非見て楽しんでください!^^

【英語】★★★☆☆
このチャンネルのビデオには全て英語のキャプションが付けられています。教育ビデオということで比較的聞きやすい言葉で説明してくれますので、キャプションと併用すれば、リスニング練習ビデオとして効果的に活用できます。

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【人生を変えるたった2分間の技術!】パワー・ポージングで全ての行動や考えが前向きに変化する!

新年を迎えて早5日。7日からはいつもどおりの忙しい毎日が始まります。

年初に今年の目標は何にしようかなんて考えているうちに、以前に見て感動したTEDトークのビデオを思い出しました。現在ハーバード・ビジネス・スクールの教授で非言語行動の研究者である、エミー・カディー(Amy Cuddy)先生のTEDでの講演です。今年はエミー先生が教えてくれたことを実践することを自己目標に掲げようと思います。

エミー先生は19歳の時に交通事故に遭って脳に障害が出て、周囲からは大学卒業は無理と言われ、自分でも無理ではないかと自信を無くして悩みながらも良き先生に恵まれ、「自信がなければできるフリをしてやりなさい。できるまで!」という言葉に従って頑張った結果、大学院を卒業してハーバードの教授になったという貴重な人生経験の持ち主なんです。

そこで彼女は「できるフリをしたら、本当にできるようになるか?」といった素朴な疑問を持ち、実際に実験を重ねた結果、2分間のパワー・ポーズを取ることで、その直後に闘争心や支配欲を高めるホルモンのテストステロンが増加し、ストレスのホルモンであるコルチゾールが減少してギャンブルに対する積極性に変化が生じたのだそうです。つまり、パワー・ポージングは、他人に対して強そうなフリをすることよりも、自分自身が積極的な考え方に変化することにより大きな意味があるというわけです。

例えば面接の前とか、大事な会議の前とか、顧客との交渉の前とか、プレゼンの前とか、、、
大丈夫かな~、、、ちょっと自信ないな~なんて感じるときにこのパワー・ポージングを事前におこなうことで自分自身に力強さが備わり、その自身ある発言や行動が相手に伝わって成功する可能性が高まるということ。僕はできないのにできるフリをするなんて良くないと思うなんていう人がいるでしょうが、これは他人を騙すのではなく、自分を変えるための技術だと考えれば納得できるはずです。

今年はエミー先生の言葉を座右の名にして頑張っていきます!

【エミー先生の言葉】
“Don't fake it till you make it. Fake it till you become it.”
“Our bodies change our minds, and our minds can change our behavior, and our behavior can change our outcomes.”

【英語】★★★★☆
一般的なプレゼンのスピーチ速度ですが、分からない表現も多く出てきます。
TEDのビデオには英語のキャプションに加え、日本語のキャプションと訳文も付けられていますので、聞き取れなかったところを英語と日本語でしっかり理解することができます。シャドウイング素材として活用して英語らいしい発音リズムを練習することも有効です。




ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【なるほどサイエンス】今、「マヤの世界滅亡予言」の意味をNASAが解説!

日本ではなぜか大した話題にもなりませんでしたが、2012年12月21日はマヤ文明が予言した世界終末の日だとして、中国をはじめ世界各国で真剣に逃げ場所を考えていた人々がいたそうです。

惑星が地球に衝突するとか、太陽のフレアが拡大して人類を滅亡させるとか。。。

でも、今僕たちは昨日と同じように生活している。ということは、マヤの予言は外れたということ?

そもそも「マヤの予言」ってなんでしょう?

ということで、なんとNASAの科学者が、マヤの予言の真実について分かり易く解説してくれました。といっても、マヤ歴という特殊な時間の考え方の説明はにわかには分かりづらいのですが、こんなことみたいです。

天文学が発達したマヤ文明では、今僕たちが使っている1日、1年、1世紀という時間の枠組みよりももっとスケールの大きな暦を持っていて、1世紀のような感覚で1バクトゥン"Baktun"という単位があり、それは西暦でいえば約394年に相当するそうで、マヤではこれが13バクトゥンまでしかないということで、13バクトゥンを西暦で数えれば5125年になるとのことです。

マヤ歴によればそのスタートが、紀元前3114年であることから、今年12月21日が13バクトゥンの最終日即ち、マヤ歴の終わりの日になっている。このことを古代マヤ人が世界滅亡の時を予言したと誤解したものなんだそうです。マヤ歴は、自動車の距離メーターのような構造なので、13バクトゥンで1回転したらお正月のように新しい13バクトゥンが始まるというのがマヤ歴の正しい考え方なのだとか。

だから、惑星や彗星が衝突する可能性もないし、太陽のフレアが異常拡大していることもなく、皆が騒ぐようなことは起きていないということです。

な~るほど!

という訳で、NASAが解説してくれたビデオをご紹介です。

【英語】★★★☆☆
ビデオのナレーションはゆっくりとしていて非常に分かり易いです。でも、言葉が難しいので、理解できない部分がかなり出るのではないでしょうか。
NASAのビデオにはトランスクリプトが付いていますので、分らなかったところは辞書で調べてください。単語の一部を紹介しておきます。優れたナレーションなのでシャドウイング素材としても活用できます。
prophecies: 予言  asteroid: 小惑星  rogue: 軌道をはずれた  misconception: 誤解
hard-nosed: 実務的な  elaborate: 精巧な  hangout: たまり場  ruins: 遺跡  
expansive: 拡張性のある  thiology: 神学  baktun: バクトゥン


ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【おばかサイエンス】ルーブ・ゴールドバーグ・マシンってなに!?

何だか難しそうな機械「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」"Rube Goldberg Machine"。

これは、僕たちもテレビのバラエティ番組などで時々目にするもので、簡単にできることを、敢えて手の込んだ仕組みや機械を連鎖的に多用して、最終的にその目的を遂行するという機械のこと。
Rube Goldberg
アメリカの漫画家でエンジニアでもあったルーブ・ゴールドバーグさん(1883~1970)が発案した表現手法で、その複雑さや無駄加減に着目して20世紀の機械化文明をパロディ化したものなのだそうです。元々はマンガで表現されていたものですが、この面白さに着目して実際にそのおばかな機械を制作して動かすイベントなどが現在も世界各地で行われているというわけです。

当然、その良し悪しはどれだけ大がかりで複雑かつ、面倒で無駄な構造かがポイント。あと、その無限連鎖的動きが機能的で美しいほうが良い訳ですね~。こうなるとちょっと究極のおばかサイエンス・マシンを作ってみたくなる気がしますが。。。

ともあれ、いろんなマシンの動画が発表されていますが、YOUTUBEで37百万ビューを獲得した最も視聴者数の多い大規模なおばかマシンのビデオをご紹介します。

アメリカのロックバンド「OK Go」が2010年に発表した新曲"This Too Shall Pass"のミュージックビデオのために、ロサンゼルスのアートクリエイティブ集団「Syyn Labs」に依頼し、数か月の準備と20日と18時間の作業でやっと完成したという、おそらく現時点での究極のルーブ・ゴールドバーグ・マシン。

どうせ作るならこれぐらいおばかに弾けているほうが楽しいですね!




ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【サイエンス】大胆!ディスカバリー・チャンネルが企画した旅客機B727のクラッシュ実験がすごい!

アメリカのテレビ局ディスカバリー・チャンネルが、「キュリオシティ」というシリーズ番組の企画として、乗客目線でみる旅客機ボーイング727のクラッシュ実験番組を先日放送しました。

日本では不可能な超大胆企画ですね。

機内には多数のビデオカメラを配置、座席には実験用のダミー人形とセンサーを取り付けて飛び立ち、メキシコの砂漠へ向けて飛行。着陸間際に乗務員は全員パラシュートで退避し、最後はリモートコントロールでクラッシュさせたそうです。
クラッシュ時の機内の様子やダミーの衝撃から、実際の人間が生存するためのデータを分析したのだとか。
やっぱり着陸時にはしっかりと屈んで頭を押さえるポジションが効果的だったみたいです。また、赤ちゃんを腕の中に抱きかかえても、クラッシュの衝撃が強すぎで放り出してしまうことになるそう。

ちなみにこの飛行機は45万ドルで購入したそうです。まだ飛べるB727が36百万円って安いような気がしますね~。もっとも、いつでも飛べる自家用ジェットにしようとすると、その維持費が恐ろしく高いので機体の値段はあまり関係ないのです。

テレビ局のドキュメンタリー制作番組なので科学的重要性は低いかもしれませんが、とにかくアメリカのテレビ局の企画が大げさなのには脱帽するしかありません!

日本のテレビ局もこれくらい大胆な企画をやってくれたら、「今晩は○○チャンネルのドキュメンタリー番組を見よう!」という気になるんですがどうでしょう。最近日本のテレビ番組がつまらなさ過ぎて見なくなっているので、そう考えてしまいました!

【英語】★★★★☆
残念ながらこのABCニュースビデオにはキャプションが付いてません。
若干聞き取れない部分があるかもしれませんが、概要は記事のとおりですので、理解できるレベルです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!
最新記事の配信はこちら!
by 不動産 ブログパーツ
[PR]不動産 リスティング Add to Google My Yahoo!に追加
人気記事ランキング
プロフィール

こでんまる

Author:こでんまる
ビデオ・キュレーター
モットー:楽しくなければ英語じゃない!
毎日世界で発信されるビデオのなかから「使える」「面白い」「おいしい」ビデオやビデオサイトをどんどんご紹介。
無料で毎日使える英語学習のネタ帳です。
ビジネス、エンタメ、面白ネタ、サイエンスなど楽しみながら英語を覚えるお得な情報が満載です!

英語ビデオサイト探検講座
ブログランキングに参加中。 応援のクリックをお願いしますm(._.)m

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
121位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。