スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【注目テクノロジー】トヨタが発表した三輪電気自動車がカッコ良くてすごい!

現在ジュネーブで開催中のモーターショーでトヨタが発表した未来型の電気三輪自動車が、あまりにカッコよくて実用的だと世界中で大評判になっています。



オートバイのように回転するときは自動的に傾く機能(アクティブ・リーン・テクノロジー)を装備し自動車のようなシートに座りハンドルで運転する。
全長2350全幅1445mmと、全長で軽自動車の31%、全幅で42%小さくてしかも2人乗り。

この手の未来型コンセプトモデルは得てしてカッコいいだけ、または性能は良くてもダサいということが多いのですが、この車の走行ビデオを見ればすぐに買いたくなるほどの実用性をすでに確保しているよう。

まだ生産計画は未定だそうですが、市場に出れば間違いなく大ヒットするのではないでしょうか!
トヨタさん日本のテクノロジーで世界制覇をお願いします!!!

ロイターニュース

◆トランスクリプト付きロイターニュースサイトはこちら

トヨタ



ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【そうだったのか!ジャズ・ギター①】聞いてびっくりなビッグバンドのギターセッティングと演奏方法!

ビッグバンド・ジャズをやってる人にしか興味のないギター・レッスン!
しかしその内容は、これまで知りたくても教えてもらえなかった重要な事実ばかり。
ジャズギタリスト必見のビデオです。

ジャズ・ギターといえばギブソンL5などのアーチトップといわれるタイプのエレクトリック・ギターをアンプにつないで、ジャズらしくちょっと柔らかなトーンでコードを弾くというのが一般常識ですが、カウント・ベイシーなどの往年のビッグバンドでのリズムギターは、そういった常識を180度変えてしまうスタイルだったそうです。

実はCDを聞くと当時のギタリスト、フレディ・グリーンが素晴らしいリズム音を出しているのですが、どうやったらその音が出せるか分からない。

この貴重なレッスンは、ウィントン・マルサリス率いるジャズ・アット・リンカーン・センター・オーケストラのギタリスト、ジェームズ・チリロさんが実際にギターを見せながらそのセッティングについて詳しく説明してくれるもの。ビッグバンドでギターを担当すると、アンサンブルの音が大きいのでアンプを通して音量を上げるのが常識と思うのですがそれは間違い。次のような驚きの事実を教えてくれます。これまで知りたくても誰も教えてくれなかったことばかり!


1.弦高は12フレットで少なくとも1/4インチ(約5ミリ)以上。
2.弦は必ずブロンズのヘビーゲージを使う。
3.ボディーの裏を体から離すポジションで箱鳴りを良くする。
4.リズムギターはベースに対するテナー音である。
5.良いパルス(拍子)は1拍3拍を正確に合わせることが重要。
6.アーチトップ型ギターの方が弦のテンションを高くできるので、音鳴り(Projection)を良くする。
7.厚いピックを使う。
8.早いテンポでは、4弦だけを使い、1音でリズムをきざむ。
9.スローテンポでは2音か3音の和音を使う。
10.ベースの1拍3拍を聞いて合わせ、2拍4拍はドラムのハイハットに合わせる。

もちろんアンプには繋がない生音です!
これだけのことを準備すると大きな音でリズムを刻むことができるのですね。音量が足りなければマイクを前に立てるということでしょう。弦を非常に高くしているので基本的にソロを弾くことは無理。リズムに徹するということです。譜面にコードが書いてあると、重要な構成音を全部弾かないといけない気がしますが、1音でよいということは、その中のどれかの音でリズムをつないでいくんですね。なるほど~。。。

【英語】★★★☆☆
チリロさんはゆっくりと説明してくれるので、かなり分かり易い英語です。聞き取れなかったら何回か聞いていくと聞こえてきます!




ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【お勧め英語学習】面白すぎてハマること請け合い!インドの英語学校が制作しているレッスンビデオがリアルすぎ!

インドの方とお付き合いがなくどんな国民性なのか全然知らないのですが、英語学習のサイトを見ていてみょ~に例文がリアルで面白く見ていたら、なんとインドの英語学校が制作している英語学習サイトでした!

「Let's Talk Institute」というインド最大の都市ムンバイにある英語教育とビジネストレーニング、人材開発などを行っている会社がYOUTUBEに大量に英語学習ビデオをアップして公開しているんです。

何がみょ~にリアルかというと、一般的なビジネスや普段の会話ではありますが、「敢えてそういう例文にしちゃう!?」という例文、例えば、
「社員が風邪をひいたので今日は休みますという電話をする。」なんですがどうもこれがずる休みらしいシーンとか、「上司から期日指定で受けた仕事が遅れているので期日を延期してもらう。」けど、上司から「十分な時間があったのにどういうことだ!すぐに完了するように!」なんていわれてしまうシーンとか。

やっぱりインドのエネルギーはすごい。
はっきりいって面白すぎます!

しかもレッスンビデオとしての出来栄えは素晴らしく、このシリーズを見ているとどんどんリアルな表現を覚えることができそう。

大量にアップされていますが、中でもお勧めはデイリー・ビデオ・ボキャブラリーというシリーズ。
明快な説明と面白い例文ナレーションが10個もついているので、単語が忘れられなくなりそう!^^

毎日の通勤に見れば楽しく英語学習できますよ!

【英語】★★★☆☆
インド制作ということで、ちょっと訛りがある感じ。文法はインドの方がレッスンしていて、インド訛りバッチリですが、ビジネスでは当たり前のことなのでこういう発音に慣れる意味でも貴重な学習サイトです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【世界で一番素敵なレストラン】ニューメキシコ州にある大人気レストラン、ティムズ・プレイスの秘密!

2010年にニューメキシコ州アルバカーキに開店したレストラン「Tim's Place」が今米国中で大評判になっています。

看板の売り文句は「Breakfast, Lunch, and Hugs!」
えっ。。。。ハグってどんな食べ物???

いえいえ、ハグはそのまま抱きしめるハグのことです。

このお店のオーナー、ティム・ハリス(Tim Harris)さんは若干26歳ですが、なんとアメリカで唯一のダウン症の先天性疾患を持つ事業家なんです。彼の持ち前の明るくて何事にも前向きな性格とすごいエネルギーが常識では考えられないことを次々に成し遂げ、遂に自分の子供のころからの夢だったレストランの開業を実現したのだそう。

高校生このころは親しみやすい人柄の人気者で学園祭のヒーロー(ホームカミング・キング)に選出されたり、大学ではフードサービスを学んだり、社会人になってからはスペシャル・オリンピックに出場して金メダルを獲得したり、僕たちが知っているハンディキャッパーの姿とは無縁の素晴らしい実績を残しています。

彼の生き方のモットーになったのが、ウォルト・ディズニーの名言「夢を描ければ、それを叶えることができる。」"If you can dream it, you can do it."

子供のころからの夢にぶれずに努力したことの成果なのでしょう。「夢」と言うよりも、「志」と言ったほうがしっくりきます。

その彼がレストランで提供したいものが、「居心地が良くて人の繋がりを感じられる場所」なのだそうです。
そこで、メニューに「カロリーフリー、無料!ティムズ・ハグ」を記載したのだとか。
"The hugs are far more important than the food."
"The food is food so."

ダウン症やハンディキャップに苦しむ人々も健常者の僕たちも、ティムのどこまでも明るくて前向きな生き方を見れば自然に祝福したくなるし、自分の生き方もポジティブになること請け合いです。

ティムズ・プレイスがこれからも益々人気店として大成功することを期待せずにいられません。

【英語】★★★★☆
ティムの滑舌は病気のせいであまり良くないので聞き取りずらいです。キャプションも付いていないのですが、何回か聞き込めばかなり聞き取りできます。滑舌が悪い部分の聞き取りができなくても全然気にする必要はありません!




ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!

【日本人必見のドキュメント映画!】日本在住の外国人19人が見た日本の実像「A Life in Japan」(サブタイトル付き)

日本に興味がある外国人は「日本に住むってどういう感じなんだろう?」って思っています。
エキゾチックな国、テクノロジーの国、歴史のある国、東洋思想の国。。。。

そこで日本に在住経験もあるフィンランド生まれのフィルム製作者ペトリ・ストロペア(Petri Stropare)さんが日本に在住している19人の外国人に住んでみて分かったことや感じたことをインタビューし、日本の大都市や地方都市の様々な風景とともに編集した「A Life in Japan」を昨年発表しましたが、これに英語と日本語のサブタイトルを付けたバージョンをこの1月にYOUTUBEにアップしてくださいました。

在住数か月の人から数十年の人まで様々な人に感じていることをインタビューしていますが、かしこまった撮影にせず、19人のそれぞれの思いを自然に引き出していて非常に優れたドキュメント作品になっています。

日本に来た時の印象や住んでみて嫌いに思っていること、好きに感じていること、日本人ってこういう人たち、、、などなど、日本の制作会社の企画ではない、「外国人による外国人のための日本の実情紹介ドキュメント」となっていて、普段外国人が遠慮していってくれないことも自然に語られていて、僕たち日本人にとっても非常に貴重な批評ドキュメントとなっています。

「国民の”民”という字は象形文字で、瞳を槍で突いた姿から来ており、元来奴隷を表す文字だった。」というのは初めて知りました。つまり国に武力で抑えつけられた人々のことを国民といったのだそうです!

その他、
・自分たちの国では社会に居場所を作るために自分と闘い、他人と闘うのが当たり前だけど、日本人はなにもしなくてもそこに居場所がある。
・日本人の思想は身を任せることだ。
・世界の情勢をあまり知らされていない。

などなど、僕たち自身が考えてみるべき貴重な意見が多数収録されています。
あと、「英語が話せる日本人の男性は変な人が多い。」なんていうコメントもありますよ!

とにかく貴重なインタビュービデオで、普段使いの英語の宝庫にもなっています。
1時間19分とかなり長いビデオなので、休みの日にでもゆっくりとご覧ください!

【英語】★★★★☆
19人がそれぞれの母国訛りの英語で普通に話していますので、聞き取りが難しい発音や単語も多数でてきます。しかし、英語サブタイトル版と日本語サブタイトル版がありますので、まず、英語サブタイトル版を聞いてどの程度理解できるかトライした後で日本語サブタイトル版で聞き取りレベルのチェックをしましょう。特に、意味を勘違いして聞いていた部分を確認するのが大切ですね。
シャドウイング素材としても非常に有効です。

英語サブタイトル版


日本語サブタイトル版

ブログランキング・にほんブログ村へ
★にほんブログ村ランキングに参加中。クリック有難うございます!
最新記事の配信はこちら!
by 不動産 ブログパーツ
[PR]不動産 リスティング Add to Google My Yahoo!に追加
人気記事ランキング
プロフィール

こでんまる

Author:こでんまる
ビデオ・キュレーター
モットー:楽しくなければ英語じゃない!
毎日世界で発信されるビデオのなかから「使える」「面白い」「おいしい」ビデオやビデオサイトをどんどんご紹介。
無料で毎日使える英語学習のネタ帳です。
ビジネス、エンタメ、面白ネタ、サイエンスなど楽しみながら英語を覚えるお得な情報が満載です!

英語ビデオサイト探検講座
ブログランキングに参加中。 応援のクリックをお願いしますm(._.)m

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
270位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。